kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

『東洋のナイアガラ』を子供たちと散策してきました! 

   

東京から関越道を利用して群馬県へ旅をしてきました!

関越自動車道を沼田ICで降りて、「日本ロマンチック街道」と名づけられた国道120号線をひたすら走っていくと『吹割の滝』に到着します。

吹割の滝とは・・・

天然記念物に指定されていて、高さ7m、幅30mもある大滝。別名『東洋のナイヤガラ』といわれています。

この滝は清流が、岩石を侵食して多数の割れ目があることから、“吹割の滝”とよばれるようになったのだとか。

場所によっては10㎝の侵食されているところもあるそうで、自然の力強さを感じます。

いざ出発!

まず浮島橋とよばれる橋を渡ってスタートです。

橋の長さは120メートルになります。

橋の下を流れる清流に子供たちも大興奮!

都会ではみられない澄んだ水がとても美しいものです。

浮島橋から目の前には「千畳敷」と「夫婦岩」が見えてきます。

コバルトブルーにさえみえる水の色はまさに自然の神秘ですよね。

今度は高いところから滝を見下ろします・・・

 

橋を渡っていくと、少し山の中に入っていきます。

滝を眼下に望みながら、ちょっとしたハイキングを楽しむことができます。

若干階段の上り下りが激しいところがあるので、子供でも歩けますが、スニーカーの方がよさそうです。

しばらく歩いていると観瀑台とよばれる展望台に到着します。

展望台から見える吹割の滝と米粒ほどに人達を一緒に見ることができます。

でも不思議と臨場感たっぷり。米粒ほどに人間と滝を一緒に見ると自然の驚異を感じます。

写真のベストショットのスポットになりますよ。

遊歩道は冬季は立ち入り禁止になるので、訪れるなら秋の紅葉のシーズンまでがよさそうですね。

10月くらいなら紅葉と滝を両方堪能できるので、まさにベストシーズンになりそうです。

ゆっくり散策しても一時間かからない程度のルートで、子連れでも大丈夫です。

いざ滝に近づいてみよう!

吹割の滝の魅力は柵がなくて、まさに滝壺まで自ら足を運ぶことができることです。

その分子供には十分に注意をしなければなりません。

普通に近づいていく分には少し靴が濡れるくらいなので、気を付けていれば大丈夫。

でも水しぶきが本当にすごかった!雨がっぱを持ってきているひともいたので、勉強になりましたね。

子供たちにも圧巻の景色とともに、ちょっと足元が濡れると大興奮!ちょっとした水遊びの場になりました。

滝の近くではそのものすごい音を立てているので、会話する声も大きくなりますが、それもきっと滝の魅力の一つなのですね。

でも滝壺の近くで撮った写真はどこか海外にでもいるかのよう。是非記念に一枚ベストショットを探してみてくださいね。







 - 観光地&テーマパーク , , , ,

Message

  関連記事

コバルトブルーの景色が圧巻!秋田の『抱返り渓谷』の旅!

秋田の『抱返り渓谷』に家族で遊びに行ってきました。 あまり名前を聞きなれないかも …

無理なく回ろう!2歳児連れのディズニーランド攻略法

2歳児くらいの子どもを連れてディズニーランドを効率よく回る方法を紹介します。 子 …

絶景!天龍峡でのんびりライン下りをしよう!パワースポットもあり!

長野県にある天竜川のライン下りに家族にいってきました! 高速が近くまでできたので …

軽井沢の名所「石の教会」。アクセス方法や見どころを紹介

長野県の軽井沢に石の教会とよばれているところがあります。 あまり聞きなれない方も …

鎌倉へプチ旅行!子どもも楽しめるおススメ観光コース

東京から日帰りで行ける距離にある鎌倉は多くの外国人たちも訪れる観光地。 四季折々 …

東北で唯一現存する藩校・旧致道館を訪れよう!

鶴岡にはたくさんの歴史的名所があり、コンパクトにまとまっている町並みもまた歩いて …

ペナン島の歴史的名所・コーンウォリス要塞に行こう!

マレーシアのペナン島は、たくさんの文化が交差するエキゾチックな島です。 イギリス …

琵琶湖のパワースポット!竹生島の見どころを紹介します

琵琶湖に浮かぶ『神の島』とよばれる場所があり、近年ちょっとした話題になっている島 …

御殿場高原でイルミネーションを楽しもう!

東名高速道路の裾野インターから5分、御殿場インターから15分のところに今話題の「 …

井の頭公園
都会から電車で30分!駅近の井の頭公園での楽しみ方は?

三鷹市の井の頭公園は渋谷駅から電車で約30分のところに位置します。 ここは東京都 …