kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

『東洋のナイアガラ』を子供たちと散策してきました! 

   

東京から関越道を利用して群馬県へ旅をしてきました!

関越自動車道を沼田ICで降りて、「日本ロマンチック街道」と名づけられた国道120号線をひたすら走っていくと『吹割の滝』に到着します。

吹割の滝とは・・・

天然記念物に指定されていて、高さ7m、幅30mもある大滝。別名『東洋のナイヤガラ』といわれています。

この滝は清流が、岩石を侵食して多数の割れ目があることから、“吹割の滝”とよばれるようになったのだとか。

場所によっては10㎝の侵食されているところもあるそうで、自然の力強さを感じます。

いざ出発!

まず浮島橋とよばれる橋を渡ってスタートです。

橋の長さは120メートルになります。

橋の下を流れる清流に子供たちも大興奮!

都会ではみられない澄んだ水がとても美しいものです。

浮島橋から目の前には「千畳敷」と「夫婦岩」が見えてきます。

コバルトブルーにさえみえる水の色はまさに自然の神秘ですよね。

今度は高いところから滝を見下ろします・・・

 

橋を渡っていくと、少し山の中に入っていきます。

滝を眼下に望みながら、ちょっとしたハイキングを楽しむことができます。

若干階段の上り下りが激しいところがあるので、子供でも歩けますが、スニーカーの方がよさそうです。

しばらく歩いていると観瀑台とよばれる展望台に到着します。

展望台から見える吹割の滝と米粒ほどに人達を一緒に見ることができます。

でも不思議と臨場感たっぷり。米粒ほどに人間と滝を一緒に見ると自然の驚異を感じます。

写真のベストショットのスポットになりますよ。

遊歩道は冬季は立ち入り禁止になるので、訪れるなら秋の紅葉のシーズンまでがよさそうですね。

10月くらいなら紅葉と滝を両方堪能できるので、まさにベストシーズンになりそうです。

ゆっくり散策しても一時間かからない程度のルートで、子連れでも大丈夫です。

いざ滝に近づいてみよう!

吹割の滝の魅力は柵がなくて、まさに滝壺まで自ら足を運ぶことができることです。

その分子供には十分に注意をしなければなりません。

普通に近づいていく分には少し靴が濡れるくらいなので、気を付けていれば大丈夫。

でも水しぶきが本当にすごかった!雨がっぱを持ってきているひともいたので、勉強になりましたね。

子供たちにも圧巻の景色とともに、ちょっと足元が濡れると大興奮!ちょっとした水遊びの場になりました。

滝の近くではそのものすごい音を立てているので、会話する声も大きくなりますが、それもきっと滝の魅力の一つなのですね。

でも滝壺の近くで撮った写真はどこか海外にでもいるかのよう。是非記念に一枚ベストショットを探してみてくださいね。







 - 観光地&テーマパーク , , , ,

Message

  関連記事

タイ・プーケットにある世界最大の仏像に会いに行こう!

タイのプーケットには実は海のレジャーだけではなく、内陸にもその仏教色を色濃く受け …

~新潟県・越後湯沢~ 東京から日帰りでも楽しめる家族でおススメのスキー場!

新潟県は東京からも日帰りでスキーを楽しむことができるほどに、たくさんのスキー場が …

【群馬県・赤城山】燃ゆる秋を見にトレッキングに行こう!  

群馬県の赤城山は東京から日帰りでアクセスできる紅葉の名所として知られています。 …

別名「苔の寺」の異名をもつ妙法寺へ行こう!

鎌倉の駅から30分ほど歩いたところに妙法寺とよばれるお寺があります。 これは別名 …

子供たちでも楽しめる!神水でおみくじと短冊に願いを込めて ~京都・貴船神社~ 

京都から少し足を伸ばして京都の山奥にある貴船神社に家族で旅行に行ってきました。 …

~東京駅丸の内駅舎~新しく生まれ変わった東京のライトアップを見に行こう! 

東京駅はレトロとモダンが交錯する新しい駅として生まれ変わり、最近では注目を浴びて …

圧巻!ハワイ島にヒロにある落差126メートルのアカカ滝へ行こう!

ハワイ島のヒロを訪れたら、是非その近くにあるアカカ滝を訪れることをオススメします …

優雅な休暇を過ごそう!モルディブ旅行の楽しみ方とは・・・

近年、新婚旅行にも人気のビーチがインド洋のモルディブにあります。 モルディブは高 …

秋の絶景!山形県の月山・弥陀ヶ原の美しい湿原を見に行こう!

秋の気配を感じる9月下旬の山形では、稲の収穫を迎えた黄金の田園風景が何ともいえな …

羽黒山の参道と五重塔でその歴史を感じよう!

山形県の出羽三山といえば、羽黒山・湯殿山・月山であり全国有数の修験の 山として知 …