kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

長野県・戸隠神社にて家族でプチ修行に行こう!

   

長野駅からバスで60分ほど行ったところに古代から霊場として親しまれてきた戸隠神社があります。

ここは近年ではパワースポットとしても知られており、バスツアーなどでもよくみかけるようになりました。

そのうっそうとした参道と厳かな雰囲気が、聖域であることを物語ります。

長野県・戸隠神社の周辺には自然がいっぱい!

長野駅からバスにのって約1時間、山道をグングンと上っていくバスの窓からは美しい長野の自然豊かな緑が見えてきます。

戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、約2000年の歴史をもつ社です。

この奥社に近くに行く途中には鏡池や戸隠森林植物園などのたくさんの高山植物が咲き乱れる散策路もあり、自分自身の歩く足音以外は何も聞こえないほどの静けさ森がうっそうと茂っています。

時折聞こえてくる蛙の声に、あたりを見回して蛙を探してみたり、ワラビを見つけてはどんなお料理にしようか、新芽をみてはあれは何時ごろ咲くのだろうかなどと会話をするのもとても楽しいものです。

子供たちにとってみてもまるで、見て、感じて、学ぶヒントがたくさんあるこの長野の自然に溶け込んで、とても開放的な時間となっているようです。

5月の季節にはちょうど水芭蕉の花が見頃を迎えていて、水玉のように大地いっぱい敷き詰められまるで宝石箱のようになっています。

散策路からそしていよいよ奥社の大鳥居にくると、先ほどよりももっと畏怖堂々たるその空気があたりを包みこんでいます。

参道を歩いて・・・

大鳥居を潜って15分ほど歩いていくと、更に隋神門というという赤い門がみえてきます。

しかしこれはまだまだ序の口であり、ここから実は一キロほどあります。

山道の一キロは意外と距離があるものです。

隋神門を抜けるとそこには古い数え切れないほどの杉並木が参道を囲み、畏怖堂々たる神秘的な空間を醸し出しています。

子供たちにとっても少し険しい道のりですが、次第にプチ修行をしているような気持ちになってそれを楽しんでいるようです。

いよいよ奥社へ・・・

先ほどよりももっと勾配の急な石段が容赦なく参拝者には待ち受けています。

一段一段と登り、足元に細心の注意を払いながらひたすら石段を登り続けていくと、うっすら上のほうに社が見えてきます。

ようやく奥社にたどり着いたときの喜びは、嬉しい気持ちよりも不思議と修行を終えたときのようなスカッとした気持ちになったのです。

険しい道にも必ずゴールがあることを悟っているようなこの神社に感謝の気持ちを込めて参拝するのでした。

家族でプチ修行をして参拝をするのにまさにおススメな場所ですよ!

真夏でも避暑地のここ戸隠神社に是非足を運んでみてくださいね。







 - スポーツ&アウトドア, 観光地&テーマパーク , , , , , ,

  関連記事

ちゅらさんの島へ!渡名喜島:透明度の高い遠浅の海で家族で安心な海水浴!

沖縄の離島はちょっとお値段が高いからといってあきらめていた家族に、是非ご紹介した …

自然の緑と渓流の白濁が織り成すコントラストに魅了されて ~青森県・奥入瀬渓流~ 

八戸から車で2時間ほどいくと奥入瀬渓流に到着します。バスから見える田園風景をぬけ …

レトロな街で子供とぶらり旅!懐かしさ満点の川越へ行ってきました!

都内から電車に乗って子供たちと川越の街に遊びに行ってきました。 副都心線の開通に …

タイで買い物天国!マーブンクロンセンターへ行こう!

バンコクの買い物で一日中楽しめるところがあります。 それがマーブンクロンセンター …

紅葉の秋!谷川岳へ空中散歩に行ってきました!~群馬県・谷川岳~

家族で10月の下旬に群馬県の谷川岳へ紅葉狩りに行ってきました。 谷川岳では紅葉が …

【飛騨高山】伝統とモダンが行き交う後世に残したい街を歩く。 

家族で岐阜の高山の街に遊びにいってきました。 都会とは異なる寒さとは反対に、その …

映画の舞台になった美しい島・ピピ島の展望台をのぼろう!

タイのピピ島にきたら、海水浴にビーチでのんびりするのもいいけれど、ピピ島のきれい …

日本最大のカルデラ湖・屈斜路湖へ行こう!

北海道の広大な大地にカルデラ湖としては日本一の深さを誇る屈斜路湖があります。 近 …

北海道庁旧本庁舎・時計台・雪印のパーラー!札幌の町をのんびり散策しよう! 

北海道の都会、『札幌』に家族で旅をしてきました。なんといっても駅周辺には徒歩でぶ …

ホテル日航東京に宿泊して冬季限定のレインボー花火を楽しもう!

お台場ではクリスマスシーズンになるとそのイベントもたくさんあります。 今回はそん …