kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

別名「苔の寺」の異名をもつ妙法寺へ行こう!

   

鎌倉の駅から30分ほど歩いたところに妙法寺とよばれるお寺があります。

これは別名「苔寺」ともよばれ石段に苔が生えた趣のある光景を楽しめるお寺でもあります。

今回はそんな鎌倉のちょっとマイナーなお寺・妙法寺についてご案内していきたいと思います。

妙法寺の歴史とは

1253年に日蓮聖人が鎌倉に 来て布教をしますが、 当時の社会の不安や天災が続いた世の動乱の影響を受けて1260年に焼き討ちにあってしまい、この災難は松葉ケ谷の法難と歴史的にいわれています。

その後1357年に護良親王の子であり、日蓮宗に帰依した日叡が父の供養のため鎌倉にきて、日蓮聖人ゆかりの地 に妙法寺とし、裏山の 頂きに父護良親王の墓を造ったといわれています。

早速歩いてみよう!

入り口で拝観料を払ってすぐのところに本堂があります。

これは肥後細川家が江戸期に建造 したものといわれ、そんなに大きくはありませんがこぢんまりとした趣のある建物です。

本堂の近くには大覚堂があり、ここには熊 本城天守閣に祀られていた加藤清正像が安置されているといわれています。

清正の井戸でお馴染みの明治神宮から少し離れた鎌倉の地にもゆかりがあったことには驚きです。

妙法寺のハイライト苔の階段へ

本殿を過ぎて少し細い路地を歩いていくと、古めかしい仁王門が見えてきます。

これは山門で赤色が周囲の緑色の中でインパクトのある光景を作り出しています。

そして山門の正面には、かなり急な苔がむした階段がありました。

しかしここは手すりもなく、雨上がりはかなり危険を伴うので歩けません。

横にある細い階段を上っていくのですが、これがまたかなり急で狭くやっと人がすれ違えるほどのスペースです。

階段を上った先には法華堂があります。更に進むと釈迦堂跡があり、鐘楼があります。

松葉谷御小庵へ

こちらの階段を昇りきると「松葉谷御小庵」とよばれるものがあります。

鎌倉で布教をおこなっていた場所で、あまり にも過激な日蓮の布教に対し、世から不満が湧き起こり焼き打ちにあったといわれています。

ここ妙法寺を散策するのであれば、歩きやすい靴がおすすめです。

晴れている日でも雨上がりの次の日では足場がかなり悪いところもあり、苔の寺といわれるだけあり、滑りやすい箇所がたくさんあります。

しかしここは一番ピークの紅葉のシーズンでもほかのお寺と比べればかなり空いている穴場なスポットです。

閑静な佇まいが上質な空間を作り出している妙法寺へ是非足を運んでみてくださいね。







 - 観光地&テーマパーク , , , , , , ,

  関連記事

京都で写経体験できる苔寺「西芳寺」。庭園満喫&プチ修行してきました!

子供たちも少し成長してきて、たまにはちょっと珍しい体験をさせてみたいと思っている …

ショーもビーチもあるから一日中楽しめる!鳥羽湾『いるか島』へ行こう!

三重の鳥羽湾にいるか島と呼ばれるその名前もかわいらしい島があります。 駅からすぐ …

夏の風物詩「スイレン」と鎌倉のシンボル「鶴岡八幡宮」を見に行こう!

鎌倉の観光名所といえばやはり鶴岡八幡宮にあります。 鎌倉駅から、賑やかな小町通り …

絶景!天龍峡でのんびりライン下りをしよう!パワースポットもあり!

長野県にある天竜川のライン下りに家族にいってきました! 高速が近くまでできたので …

羽黒山の参道と五重塔でその歴史を感じよう!

山形県の出羽三山といえば、羽黒山・湯殿山・月山であり全国有数の修験の 山として知 …

南国気分!家族で宮崎県のフェニックスロードをドライブしよう!

宮崎市内に到着してまず市内の真ん中に川が流れていて、その川沿いにホテルなどがあり …

東北で唯一現存する藩校・旧致道館を訪れよう!

鶴岡にはたくさんの歴史的名所があり、コンパクトにまとまっている町並みもまた歩いて …

千葉県の稲毛にある千葉稲毛浅間神社へ参拝に行こう!

全国にある浅間神社の一つとして知られている稲毛浅間神社は千葉県のある浅間神社です …

子連れでも楽しめる京都のユニークな神社に行ってきました!

子連れでの京都旅行だとなかなか巡る神社をチョイスするのも難しいところ。 今回はち …

感動!ダイナミック!ハワイ島の黒砂海岸にいるウミガメに会いに行こう!

ハワイ島のコナの地区から更に南下をしていくとハワイ島ならではの珍しい黒い砂の海岸 …