kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

まだ間に合う!夏に楽しめる高野山のあじさいの名所へ行こう!

   

世界遺産に登録をされている高野山は、その山深い場所にあることから7月の下旬から8月でも、紫陽花を楽しむことができます。

例年7月から8月の上旬が見ごろを迎え、紫陽花に美しいブルーやピンク色、高野山の中にアクセントと美しい光景を楽しませてくれます。

今回は高野山の美しいあじさいが鑑賞できる2つの場所を家族で見に行ってきました! 

高野山の入り口にある金剛峯寺の大門

 

高野山の総門である金剛峯寺大門の近くには実はあじさいがたくさん咲き乱れている場帆があります。

赤色の門はとてもインパクトがありますが、その麓にはそれとは対照的にかわいらしくあじさい花が咲き乱れています。

赤と青のコントラストはなんともいえない、涼しげな光景であり、少し遅く咲くあじさいだからこそ、なんだかこれから夏がくるようなワクワクする気持ちになります。

ここには約500株ものあじさいがあるそうで、ぜひ高野山を夏に訪れたら、足を運んでみることをおススメします。

高野龍神スカイラインでドライブをしよう!

高野龍神スカイラインは高野山と龍神温泉を結んでいる国道であり、このあたりの観光にはかかせないバイパスとなっています。

そしてドライブをするだけでも楽しいものですが、ここにはあじさいが見ごろを迎える絶景があります。

それは花園あじさい園とよばれる場所で、標高1000mにあることからで7月から8月にかけてあじさいが見ごろ迎え、少し遅い風物詩のあじさいが一面に広がっている場所です。

花園あじさい園へは、高野山から約20分、龍神温泉からだと約40分、和歌山県の白浜温泉からだと約2時間かかります。

駐車場は100台も完備されているので、夏休みシーズンの混雑の時期でも安心です。

花園あじさい園とは・・・

 

花園あじさい園は入園料大人200円ととてもお財布にも優しく、家族旅行にはとても嬉しいものです。

ここは夏のあじさいだけではなく、5月の中旬には約1000株のシャクナゲ、夏には約3500株のあじさい、また秋には紅葉を楽しめるところでもあります。

「和歌山夕陽百選」に選ばれた場所でもあるので、ぜひ夕暮れ時に訪れたら、高野山から望む夕陽を楽しんでみてください!

また花園あじさい園のレストランでは、あまごとよばれるサケの淡水魚をつかった料理を楽しむことができます。

あまご弁当なども販売されており、子供でも食べやすい味付けなのでドライブのお供にもおススメですよ。

また高野山の土地でとれた山菜や、紀伊半島の名産品である高野梅などお土産をするのにも最適な場所です。

お腹も景色も満たしてくれる高野山の花園あじさい園へ、是非足を運んでみてくださいね。







 - 観光地&テーマパーク , , , , , , ,

  関連記事

京都が一望できる永観堂からその景色を楽しもう!

京都の紅葉名所は数知れずありますが、中でもひときわ有名なのが『永観堂』です。 こ …

日本の名園『兼六園』を満喫するために!銀世界とともに堪能する旅 

金沢へ旅行に行ったら是非足を運びたいのが金沢の兼六園。 たくさんの観光バスが立ち …

【東藻琴芝桜公園】ピンクの絨毯に感動!アクセスはレンタカーが絶対おすすめ

子供たちを驚かせたいパパとママに是非お勧めの場所は北海道にある東藻琴芝桜公園です …

江戸時代の藩主によって造られた栗林公園へ行こう!

香川県屈指の観光名所として、親しまれている栗林公園は高松駅からも近く、レンタカー …

【広島県 弥山】家族でハイキング!ちょっとワンランク上の宮島の旅 

宮島は一見厳島神社というイメージがかなり根強くありますが、是非時間が許すならば、 …

【旅行記】黒部峡谷トロッコ列車に乗ってきました!列車好きの子どもにおすすめ

家族で富山県の黒部峡谷のあの有名なトロッコ列車に乗ってきました!旅の様子を色々レ …

自然の緑と渓流の白濁が織り成すコントラストに魅了されて ~青森県・奥入瀬渓流~ 

八戸から車で2時間ほどいくと奥入瀬渓流に到着します。バスから見える田園風景をぬけ …

【群馬県・赤城山】燃ゆる秋を見にトレッキングに行こう!  

群馬県の赤城山は東京から日帰りでアクセスできる紅葉の名所として知られています。 …

【2泊3日】家族旅行でフィリピン・セブ島へ!プライベートビーチが楽しめるおすすめホテルとは?

家族旅行に行くとどうしても子連れが多くて、人混みは避けられないものですよね。 で …

今が見ごろのお花畑へ!あしかがフラワーパークの大藤を見に行こう!

家族であしかがフラワーパークにゴールデンウィークを利用して日帰りで遊びにいってき …