kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

都会のオアシス『明治神宮』。話題のパワースポットは1時間待ち

      2021/02/07

東京に初めて遊びにきて、買い物も商業施設の観光にも飽きたな思ったら、是非おススメしたいのが『明治神宮』です。

大都会にあってどこか都会のオアシスを感じられる場所なのです。

原宿、参宮橋、明治神宮前など最寄駅がたくさんあるのも魅力的。

渋谷から原宿まで歩いても15分くらい!いい散歩コースにもなりそうですよね。

子供が大好きな原宿の竹下通でお買いものついでにもいいですよ。

実はいくつか明治神宮には出入り口がありますが、おススメなのは北表参道口の方が比較的静かな入口です。

近年は副都心線が通ってアクセスもとても便利になりました。

いざ到着・・・

中に入るとその空気は一転、うっそうと緑が生い茂っていています。

幅の広い砂利道が、家族並んでゆっくり散歩できるのも魅力的です。

子供たちものどかな郊外へやってきたと思っているのか、この静寂な空気が分かるようです。

歩いて10分ほどすると本殿へ到着します。すると何やらきれいな御着物を着た花嫁さんが歩いていました。

ここはそう、結婚式もあげられるのですね。

思わず子供たちも『きれーい』といって、新郎新婦さんたちが境内の中を艶やかに歩く様を見守っています。そしてすぐ目の前に本殿がありました。

本殿の周りにも注目!

本殿はやはり都会にあるだけあってとても大きい!

何よりお賽銭箱がたくさんならんでいることがそれを物語ります。

家族の健康と円満をいざ祈願!すると右横に何やら、紙とペンがありました。

そうここは神様へお手紙が書けるところなのです。家族で一人一枚お願いごとと、名前を明記してお賽銭とともに封筒に入れます。

参拝だけでなくちょっとユニークで、まるで短尺に願いを書くような気持ちに家族みんなでなれるのもいいものです。

今度は本殿の左側には大きな二つの木が・・・。

この木は『夫婦楠』と呼ばれ、縁結び、夫婦円満、家内安全の象徴なのだとか。しっかりロープで二つともつながれていて、子供たちと一緒に手を合わせます。

家族旅行でここに来れたことと、これからの家族円満を祈願するのでした!

最後はやっぱり話題のパワースポットへ!

数年前テレビで放映されて、大ブームとなった『清正の井戸』へ今度は足を運びました。

水温は年間を通じて15度前後と一定していて、毎分60リットルの水量があり、加藤清正が自ら掘ったとされているそうですが、その真偽ははっきりしていないのだとか。

この清正の井戸を待ち受けにすると運気が上がるという伝説の井戸なのです。

1時間待ちでしたが、その清らかな水と見たときは何かお浄めできそうな凛とした気持ちになりますよ!

都会にありながら、厳かな雰囲気のある明治神宮は旅の疲れも癒してくれました!







 - 観光地&テーマパーク , , , , , , ,

Message

  関連記事

ショーもビーチもあるから一日中楽しめる!鳥羽湾『いるか島』へ行こう!

三重の鳥羽湾にいるか島と呼ばれるその名前もかわいらしい島があります。 駅からすぐ …

4月5月は採れ放題!横浜・海の公園に潮干狩りへ行こう

潮干狩りの季節がやってきました。我が家でも毎年の恒例行事です。 今年も横浜市金沢 …

タイ・ナコーン・パトムにある世界一大きな仏塔を見に行こう!

バンコクから車で一時間ほど、ナコーン・パトムとよばれる町に到着します。 ここナコ …

一日に二度楽しめる世界遺産『厳島神社』で、自然の神秘を感じに行こう! 

家族で広島県にある世界遺産にも登録されている『宮島』に旅をしてきました。 厳島神 …

リーズナブルだけど上質な厳選のお宿 ~北海道・湯の川温泉~

3月の下旬、東京では春の季節になるころ、また厳しい寒さが残る函館の湯の川温泉に家 …

~横浜市・正覚寺~ 梅雨の風物詩!紫陽花と花菖蒲を愛でに行こう!

神奈川県の横浜市には緑豊かな景色が数多く残されています。 中でも近年開発が進んだ …

ひとことだけ願いを叶えてくれる奈良の葛城一言主神社へ行こう!

奈良県に一言だけ願いを叶えてくれる神社として親しまれており、「いちごんさん」と呼 …

長野の自然豊かな町・小布施で、名物栗を堪能して、浄光寺に行ってきました!

長野県に小布施という小さな町があります。 ここはかつて交通と経済の要所として栄え …

歴史的の趣のある宿場町を散策しよう! ~長野県・奈良井宿~ 

東京から車で3時間半ほど運転をして長野県にある奈良井宿を目指します。中央道がだん …

【根津美術館】子供も楽しめる美術館。近くの行列のできるパンケーキ屋さんもおすすめ!

子供が小さいとなかなか美術館へはいけないものですよね。 でも大丈夫!ちょっとした …