kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

ストレッチをさぼったら足がつった!水泳中に足がつる原因と対策は?

   

プールサイド

「足がつる」ということは、足の筋肉が痙攣を起こしているためです。だれでも起こりうる水泳中の「足のつり」について、原因と対策方法をまとめています。

原因1. 筋肉の疲れ

過度に泳ぎ続けたり、普段使わない筋肉を使ったことが原因です。運動強度に関係なく、筋肉に負荷をかけすぎると足のつりを引き起こします。

そのためには、長時間の泳ぎは避けて適度な休憩を挟むこと、泳ぐ前には必ず準備運動をすることが大切です。

原因2. 体の冷え

水中では予想以上に身体が冷えます。冷えることで筋肉が収縮し硬直してしまうので、自分の意志で筋肉を動かせなくなってしまいます。
この現象が痙攣=「つる」なのです。

屋内プールに関して言えば水温が30度に保たれていているところが多く、入水してしばらくは心地よく温かく感じますが、運動力が少ないと体はどんどん冷えていきます。

特に水中ウォーキングをしている方や泳げないお子さんに付き合っている親御さんは水中での運動量がどうしても少なくなります。

血流を良くすれば熱量があがり温かくなりますから、意識的に身体を動かすようにしましょう。

原因3. 水分不足

水泳は大量に汗をかく運動で脱水症を引き起こしやすい運動です。

水分不足が足のつる原因の1つとしてあげられていることが多いですが、医学的には未だそのメカニズムはわかっていないそうです。

一説によれば、脱水症よる電解質不足からミネラルバランスが崩れ、筋肉の収縮を正常に制御できなくなることが原因とも言われています。

なにはともあれ、水泳も陸上で行われる運動以上に水分補給が必要と言うことを忘れないようにしましょう。

原因4. 加齢

中高年になると、筋肉量の減少により血流の低下、さらには身体の冷えを引き起こしやすくなります。結果、足をつることにも結びつくのですが、この他にも要因は複雑化されています。

また、足のつりは日常生活の中でも頻繁に起こりうることですが、水中ではさらに命の危険にも繋がりますので特に気をつけなくてはならない事案です。

なぜならば、実際、泳げない人よりも泳げる人の方が溺れることが少なくないからです。

いくら泳ぎが得意でも、油断すると思わぬ事故に繋がりますので自分の力への過信は禁物。

普段から意識的に筋肉を強化するなどして水の中でのリスク要因を減らしましょう。

<最後に>

私はこれまでに足指のつりはなんども経験しました。

そのときを振り返ると決まって準備運動不足。たまに面倒臭がってサボるのですが、泳ぐ前のストレッチは必須だと声を大にして伝えたいと思います。つると本当に痛いです。

万が一、水中で足がつってしまったら慌てずに、つった部分の筋肉の縮みや筋を呼吸をしながらゆっくり伸ばすつもりでストレッチすれば大丈夫です。落ち着いて対応してくださいね。

 

以上、水泳中の足がつる原因と対策方法をお伝えしました。







 - スポーツ&アウトドア , , ,

  関連記事

軽井沢の名所「石の教会」。アクセス方法や見どころを紹介

長野県の軽井沢に石の教会とよばれているところがあります。 あまり聞きなれない方も …

~龍王峡~ 絶景と銀世界の雪景色の中へ家族でプチハイキングに行こう! 

日光といえば日光東照宮や、鬼怒川温泉など見どころがたくさんあるイメージですが、実 …

ハワイの中でものんびり大自然が満喫できるカウアイ島へ行こう!

ハワイのカウアイ島はハワイの中でも自然が豊かな島として知られています。 オアフ島 …

【広島県 弥山】家族でハイキング!ちょっとワンランク上の宮島の旅 

宮島は一見厳島神社というイメージがかなり根強くありますが、是非時間が許すならば、 …

プーケットの大人の雰囲気のあるのんびりしたビーチ・カタビーチを満喫しよう!

プーケットで一番の賑わいをみせるビーチといえばパトンビーチですが、パトンビーチか …

春はイベントが満載!富士山に一番近いチューリップ畑へ行こう!

富士山に一番近い絶景が楽しめ場所でおススメなのは「花の都公園」ここはゴールデンウ …

【穴場】おすすめ紅葉スポット「花貫渓谷」。吊り橋からの絶景 & 無料キャンプ場もあり

茨城県の北に位置する『花貫渓谷』。紅葉を見に東京から日帰りで行ってきました。 水 …

自然の緑と渓流の白濁が織り成すコントラストに魅了されて ~青森県・奥入瀬渓流~ 

八戸から車で2時間ほどいくと奥入瀬渓流に到着します。バスから見える田園風景をぬけ …

駅からも近くて便利!東京都・昭和記念公園へピクニックに行ってきました!

立川にある昭和記念公園へ家族で遊びに行ってきました! お弁当を持って、ピクニック …

~新潟県・越後湯沢~ 東京から日帰りでも楽しめる家族でおススメのスキー場!

新潟県は東京からも日帰りでスキーを楽しむことができるほどに、たくさんのスキー場が …