kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

【ぐんまフラワーパーク】夕暮れ時がおススメ!日没を堪能しよう! 

   

赤城IC下りて、前橋・赤城方面へ走ること車で約30分『ぐんまフラワーパーク』に到着します。

インターからも比較的アクセスがしやすいので、群馬方面の旅行で少し時間が空いたなと思ったら気軽に立ち寄れるのも魅力の一つ。

実は訪れたときには、比較的夕方近くであったため、夕焼けの空がとてもきれいでまるで天空にある公園のようでした。

『ぐんまフラワーパーク』とは・・・

広大な敷地に大花壇や、日本庭園やバラ園、5つの観賞温室などがあり、四季を通じて花の美しいテーマパークで、高さ18mのパークタワーや「ちびっ子広場」など老若男女楽しむことのできるテーマパークなのです。

このスケールには圧巻!

園内に入ってすぐに目に飛び込んできたのは『フラトピア大花壇』とよばれるもので、これは季節ごとに模様替えするのだとか。

この大きさは約6000m2もあるそうで、春はたくさんのチューリップが咲き誇るのだそうです。

まるでおとぎの国にでも迷い込んだかのスケールの大きさに子供たちも大喜び!大人の私たちにもどこか感動的な光景が見渡す限り広がっています。

天気のよい日には遥か遠くまで見渡せるタワーへ

 

そしてもう一つ園内にはパークタワーとよばれる少し高台になっているタワーがあります。

ここからはパークタワー越しに赤城山・スカイツリー・富士山が望めるのだとか。

東京は静岡の富士山までも見渡るというから、感動的です。

キッズエリアは欠かせない!

ここにはラーコースター式の長い滑り台があって、そのスケールの大きさとずっと続くのではないかと思うようなほどに長い距離に子供たちも、大喜びでした。

わんぱく広場とよばれるところや、緑の迷路、ふわふわドームとよばれるところなど、一日中飽きることなく楽しめるのも魅力の一つです。

また敷地内がとても広いため、子供たちが思う存分に走り回ることもでき、心行くまで楽しむことができます。

最後は夕焼けの空を堪能して・・・

ちょうど日没も近づいてきたころ、真っ赤に空を太陽が色づき始めました。

広場に寝そべりながら、今にも手が届きそうな雲に思わず子供たちも手を伸ばしていました。

さえぎるものがなにもなくて、太陽の光が地上に差し込むその雄大な景色は、あたりをモノトーンにさえ変えてしまうほど神秘的な力があることを実感できる光景です。

夕方から夜にかわるこのわずかな美しい時間を家族で寝そべりながらみる、まさに至福の時がここにはあるのです。

家族で日没をじっくり観察できるのもこの公園の魅力の一つ。家族旅行の結びにはまさにおススメの公園です。







 - スポーツ&アウトドア, 観光地&テーマパーク , , ,

  関連記事

ショーもビーチもあるから一日中楽しめる!鳥羽湾『いるか島』へ行こう!

三重の鳥羽湾にいるか島と呼ばれるその名前もかわいらしい島があります。 駅からすぐ …

【辺戸岬】沖縄最北端の岬へいってみよう!流れ星も見えるロマンチックな旅!

沖縄というとビーチというイメージが強いですが、今回は那覇から約3時間ドライブをし …

新宿の大都会にある無料で楽しめる展望台へ行こう! ~都庁展望台~

大都会の町新宿に無料で大パノラマを楽しめる場所があります。 都庁の展望台で、休日 …

沖縄最大のパワースポット!『大石林山』。トレッキングは3つのコースから選択可

沖縄県の観光地として国定公園にも指定されている『大石林山』が沖縄の最北端にありま …

世界三大パワースポット!ハワイ島のマウナ・ラニへ行こう!

世界三大パワースポットとよばれるところがハワイ島のフェアーモントオーキッドのホテ …

~白谷雲水峡~ 屋久島・もののけ姫の森を訪ねに行こう!

屋久島というと家族連れではなかなかトレッキングが難しいと思っている方も多いかもし …

~龍王峡~ 絶景と銀世界の雪景色の中へ家族でプチハイキングに行こう! 

日光といえば日光東照宮や、鬼怒川温泉など見どころがたくさんあるイメージですが、実 …

『東洋のナイアガラ』を子供たちと散策してきました! 

東京から関越道を利用して群馬県へ旅をしてきました! 関越自動車道を沼田ICで降り …

根岸森林公園の第二駐車場
「根岸森林公園」アクセス方法や駐車場の混雑具合、お花見、人気のアクティビティについて

横浜を代表する公園の一つ、根岸森林公園。とにかく広い。緑でいっぱいでいるだけでリ …

海水浴も花火大会も楽しめる!夏は熱海温泉に行こう!

東京近郊の温泉地としておススメなのが静岡県にある熱海温泉です。 東京からも特急の …