kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

子連れでも楽しめるプーケットのファンタシーショーへ行ってきました! 

   

プーケットでの夜、ビーチでの夜は子連れにとってはなかなかでかけるとこがなくて悩ましいものですよね。

子供たちも安全でかつ楽しめる場所がプーケットにはあります。ファンタシーショーといって、象などが芸をする子供でも分かりやすい劇です。

申込み方法は・・・

日本から大概の旅行会社のオプショナルツアーでは取扱いがあるので、旅行会社経由で申込みをすることができます。

また現地に行ってからでも大丈夫です。またオプショナル専門サイトもあるので、インターネットからも単独で申込みができます。

会場へはどうやっていくの・・・

ショーは夜2回にわけて開催されます。そのため宿泊先のホテルまで送迎車が迎えにきてくれるので、安心。パトンビーチからだと車で15分くらいで会場に到着します。

夕食は・・・??

夕食付となしがありますが、夕食付だとビュッフェスタイルで食べることができるので、子供たちにとっても嬉しいですよね。

タイ料理だけでなく、辛いものが苦手な子供でも食べられるようなパスタやフルーツなどもあるので、安心。

夕食を食べる席も決まっているので、座席のために待つという時間的ロスもないので、子連れでも安心ですよね。

夕食なしの場合は会場の中で簡単な軽食などが販売されています。

ショーの座席は・・・??

ショーの座席はスタンダード席とゴールド席に分かれています。

こちらも事前に指定ができて、ゴールド席だと中央でみることができる上、差額もそんなに高くはないのでできればゴールド席の方がいいでしょう。

いざ会場に到着!

会場に到着すると、ちょっとしたディズニ―ランドのようなかわいいキャラクターがいっぱい。

象や、被り物をしたキャラクターなど一緒に写真をとることもできるので、子供たちも大はしゃぎです。

中には池があったり、滝もあります。

しかも夜なのでライトアップされているのでとてもきれい!

お土産やさんも中にたくさんあるので、ショーがはじまるまでの間に夕食を食べたり、お土産屋さんで買い物をしたり、また象に乗ることもできるのであっという間に時間が過ぎてしまいます。

いざショーがスタート!

ショーではカメラは禁止なので、入口で荷物検査があります。

ショー自体は1時間半なので、子供たちも飽きることがありません。

座席によっては目の前を象が通過する席もあるので、子供たちも大興奮。ただし途中休憩はないので、お手洗いは事前に済ませておくとよいでしょう。

帰りはバスでホテルへ。

帰りは行き先別にホテルへバスがピストン輸送されるので、そんなに待つことがなくホテルへ行くことができます。

是非老若男女問わず楽しめるショーへ足を運んでみてくださいね。







 - おすすめ情報, 観光地&テーマパーク , , ,

  関連記事

酒田のシンボル・山居倉庫で情緒あふれる光景を楽しもう!

山形県の酒田のシンボルといえるのが山居倉庫とよばれる歴史を感じる光景です。 とて …

無理なく回ろう!2歳児連れのディズニーランド攻略法

2歳児くらいの子どもを連れてディズニーランドを効率よく回る方法を紹介します。 子 …

江ノ島のシーキャッスル
絶景が見れる「江の島シーキャンドル」。展望台デッキからは富士山も!

湘南の観光名所「江の島」に行ってきました。天候に恵まれれば、富士山も見えますよ!

赤谷湖が望める癒しの旅館、猿ヶ京温泉・樋口旅館へ行ってきました!

猿ヶ京温泉にある旅館樋口に家族でのんびり1泊旅行に行ってきました! ここは料理旅 …

世界三大パワースポット!ハワイ島のマウナ・ラニへ行こう!

世界三大パワースポットとよばれるところがハワイ島のフェアーモントオーキッドのホテ …

旅行会社勤務が語る!旅行会社とのトラブルを避けるためには・・・

旅行会社に勤務していて常々旅行商品の販売は難しいと思っています。 というのもなん …

東京郊外でプチハイキング!東京都桧原村にある『払沢の滝』へ遊びに行こう!

東京の新宿から特急にのって東京の唯一の村である『桧原村』へ日帰りで旅にいってきま …

モト旅行会社勤務が語る!ハワイを賢くリーズナブルに旅する方法とは

家族でハワイ旅行はとても高くてなかなか敬遠してしまう方も多いと思います。 しかし …

秋の紅葉と神秘的な『お釜』を見に蔵王エコーラインをドライブしよう!

都会よりも早く秋の気配をみせる山形県に家族でドライブに行ってきました。 ちょうど …

神聖なティキ像が迎えてくれるプウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園へ行こう!

ハワイ島のコナ地区から南下して、たくさんのコーヒー農園を過ぎてさらに先に行くと、 …