kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

【旅行記】初島アイランドリゾートへ行ってきました!家族でのんびりステイを満喫

      2012/08/11


熱海から25分のリゾートアイランド、初島。昔からリゾート地で有名な島ですね。家族で一泊2日の旅行記を紹介します。

熱海から約30分。高速船でGO!

熱海駅で下車し、熱海港へ行くバス(後楽園行き)へ乗ります。15分くらいで到着。サンビーチの次が熱海港ですよ。

高速船は多少揺れます。酔いやすい方は注意。

初島アイランドリゾートに宿泊する場合、予約票を印刷して高速船の切符売り場で提示してください。団体料金で乗船できますよ。

25分ほどであっという間に初島到着。

お昼に到着なら食堂街での食事がおすすめ!

初島港を出て左へ進んでいくと食堂街となっており、ずらーっと似たような食堂が並んでます。

どの食堂も船を持っており、朝採れ地魚の刺身定食、どんぶり、岩のりラーメンなどが楽しめます。

値段は少し高めですね。予算は大人一人1500円くらいです。

2件目のめがね丸さんでは浮き輪などのレンタルもやっています。

また、食堂街の隣にダイビングセンターがあり、そこでダイビングが楽しめますよ。

道なりを歩いて10分で初島アイランドリゾートへ到着!

左手に海を眺めながら道なりを歩いていきます。途中、江戸城修築のために石が切り出された跡地などが出てきます。確かに石がゴロゴロしてます。

初島には砂浜海岸はありません。岩の海岸ですので、小さな子どもの海水浴は避けた方が良いですね。

テントヴィラへ到着。今日はテントで一泊!

テント泊です。ハイシーズンだったので、大人2人、3歳児で3万円也。バーベキュー、朝食、海のプール、島の湯、アジアンガーデンの入場券付き。

テントといっても作りがしっかりしています。冷蔵庫(冷凍庫)、クーラー付きです。

ちなみに、トレーラーヴィラはこんな感じ。トレーラーもいいですね。値段はテントより少し高めです。

BBQまでは海のプール、島の湯でゆるりと。

14時にチェックインし、テントで一息ついて、海のプールへGO! 深さ50センチの子供用プールもあります。うきわなども1000円ほどで売っていました。タオルは付いてきますよ。

海のプールというだけあって、プールの水もしょっぱい。エクシブ初島の利用客にもこの海のプールは人気のようです。

その後は島の湯でお風呂。内湯と露天風呂、2種類の風呂が楽しめます。海岸の地下から汲み上げた水を沸かしたお湯なので、当然しょっぱいです。ミネラル分が豊富で体に良さそう。

夕食はシーフードバーベキュー。テントの前でわいわい楽しむ!

夕食がお待ちかねのBBQです!食材も新鮮、豊富で、アジ・サザエ・車えび・イカ(一杯)・つくね・ウィンナー・野菜盛り・ 焼きおにぎり用おにぎりというラインナップ。

3歳以下の子ども連れの場合、子どもの分がありませんので、持ち込みが許可されています。

朝食はホットサンドとサラダでした。

ハンモックが最高に気持ちいい!

テントの前にハンモックが置いてあります。このハンモックがとても気持ちいいのです。同じものがアジアンガーデンにも置いてあります。是非試してみてください。

チェックアウトは11:00。その後はプール、SARUTOBI、シメはお風呂!

のんびり朝食を食べ、ハンモックから初島灯台を眺めながらゆったりとした時間を過ごしているともう10時・・・。チェックアウトの為に受付へと降りていきます。

チェックアウト後も荷物を預かってもらい、海のプール、島の湯を利用しました。やっぱり子どもはプールが大好きですね。海がすぐ近くに見える島の湯も気に入ったみたいです。

5歳以上で身長110センチを超えていれば、SARUTOBIという専用のハーネスを着用して樹の上を渡っていく自然体験施設もおすすめ。予約は不要です。


その後、12:20の高速船で初島を出港。熱海に向かいました。出航前に港の近くにあるスーパーで岩のりをお土産にゲット。同じものを熱海で買うと200円高いですよ!


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【旅行記】初島アイランドリゾートへ行ってきました!家族でのんびりステイを満喫
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 - 観光地&テーマパーク , , , ,

Message

  関連記事

CIMG0493
巨石が圧巻!奈良の明日香村にある石舞台古墳に行こう!

巨体な石を積み上げた姿が圧巻な奈良の飛鳥のシンボルである石舞台古墳へ家族で観光へいってきました! 奈良駅周辺の賑やかな雰囲気とは異なり、自然豊かなのどかな周辺の環境もまた奈良の魅力を再発見できます。 今回はそんな奈良の石 …

タイトル用函館
1泊2日でも見どころ満載!雪景色に包まれる函館散策の旅

銀世界と歴史と温泉を1泊2日で楽しめるのが函館です。 家族で1泊でも十分に見応えがあるので、週末の家族旅行におススメの場所です。 関連記事 関東で穴場テーマパークを発見!油壺マリンパークで体験イベント開催中 4月5月は採 …

IMGP6076
宮崎のイースター島!?へ家族旅行に行こう!~サンメッセ日南~

宮崎県に『太陽と南洋』をモチーフにしてテーマパークがあります。 その名も『サンメッセ日南』で宮崎空港からは車で40分で到着します。 南国のような海岸線をずっとドライブするのもとても気持ちのよい旅になりましたよ! またここ …

IMGP2669
京都で写経体験!美しい苔寺(西芳寺)へプチ修行へ!

子供たちも少し成長してきて、たまにはプチ修行を体験させてみたいと思っているご父兄の方におススメな観光スポットをご紹介いたします。 でもやっぱり充実の観光もしたい!そんな方におススメなのが京都の苔寺(西芳寺)です。 ここの …

IMGP8168
~ザ・トレジャーガーデン館林~ 芝桜のピンクと青色の絨毯を見に行こう! 

群馬県にある『ザ・トレジャーガーデン館林』の芝桜は4月の半ばから下旬にかけてそれは美しい絶景を織り成しています。 それはまるでお花畑に迷いこんでしまったかのような感覚さえ芽生えるのが不思議なものです。 子供たちもどこか異 …

IMGP1956
6月が見ごろ!紫陽花が満開!東京都・高幡不動でご利益を頂きに出かけよう! 

東京の京王線沿いには、高尾山や百草園、そして高幡不動といった実はたくさんののどかな観光名所が点在しています。 季節ごとに電車の中の中吊りがその風情溢れる景色とともに風物詩を紹介してくれています。 6月の梅雨の季節はなかな …

IMGP4614
紅葉のトンネル、汐見滝吊り橋を歩きに行こう!~茨城県・花貫渓谷~

東京から日帰りで茨城県の北に位置する『花貫渓谷』に紅葉を見に、家族で旅にいってきました。 水戸の少し先にあるので、新幹線でも車でもアクセスがしやすく、日光や箱根などに比べて紅葉のシーズンでもひどい渋滞になることもないので …

IMGP2175
まだ間に合う!夏に楽しめる高野山のあじさいの名所へ行こう!

世界遺産に登録をされている高野山は、その山深い場所にあることから7月の下旬から8月でも、紫陽花を楽しむことができます。 例年7月から8月の上旬が見ごろを迎え、紫陽花に美しいブルーやピンク色、高野山の中にアクセントと美しい …

IMGP0822
リーズナブルだけど上質な厳選のお宿 ~北海道・湯の川温泉~

3月の下旬、東京では春の季節になるころ、また厳しい寒さが残る函館の湯の川温泉に家族で旅をしてきました! 湯の川温泉は空港からも近く、函館市内を散策するにはとても便利な場所にあるのが魅力的です。 また知らない土地でレンタカ …

IMGP5543
~川湯温泉・硫黄山~ 地球の鼓動を感じる神秘の山を見に行こう!

北海道の川湯温泉の近くにある硫黄山があります。 ここは神秘的はさることながら、どこかエキゾチックな雰囲気と北海道の大自然の特性をいかした光景がとても印象的。 家族で硫黄山へ観光に行ってきました!景色だけではなく音もダイナ …