kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

紅葉まっさかりのアルプスの麓にある温泉へ行こう!~奥飛騨温泉・平湯館~

   

紅葉のシーズンの温泉となると、混雑はつきものです。

また車か電車でアクセスするのか、お財布と相談しながら決めなければならない悩ましい問題があります。

今回家族で行先に選んだのは奥飛騨温泉の『平湯館』です。

紅葉まっさかりのシーズン、特別どこかに行かなくても宿から紅葉が楽しめるそんなお宿なのです。

奥飛騨温泉までのアクセスとは・・・・

東京からは車で約6時間かかりますが、ただ電車でいっても高山からバスに乗らなくてはならず車の方がベターでしょう。

またなんといってもドライブの醍醐味は、紅葉の景色を自分のペースでゆっくり楽しみながら奥飛騨温泉郷へのアクセスすることができることです。

アルプスが屏風のように囲んでいて、車窓から展開される赤、黄色、オレンジの色に時折車をとめて記念撮影をして、この旅をゆっくりと家族と楽しむのもいいものです。

奥飛騨温泉とは・・・

奥飛騨温泉郷は、穂高連峰、乗鞍岳、笠ヶ岳の名峰である北アルプスに囲まれています。

そしてここ北アルプスはたくさんの高山植物があり、それだからこそ一層美しい紅葉がみられるのだとか。

そしてこの北アルプスの麓に秘湯があり、全国から各地から多くの人が訪れています。

平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉地があり、今回チョイスをしたのは中でも風格のある平湯温泉です。

平湯温泉に到着!

平湯温泉は標高が約1,250mあるそうで、やはりとても寒いのですが、それとひきかえに新鮮な空気と色づいた紅葉が出迎えてくれるこの醍醐味はこの温泉ならではです。

山の方をふとみると紅葉の中にも靄がかかっていてとても幻想的な光景を造りだしています。

また紅葉のシーズンともなれば電車きている人には嬉しい、上高地までのバスもこの温泉地からでているので、実は紅葉の拠点としてもおススメの温泉地です。

そして平湯館へ・・・

今夜のお宿は平湯館です。実はここは奥飛騨温泉の中でももっとも古い温泉旅館として知られています。

大正12年創業で、なんといってもここの温泉は3つの自家源泉と共同源泉からあふれる“生粋源泉”かけ流しなので、小さな子供でも安心して入ることができるのです。

宿に到着して、真っ赤なもみじとともに趣のあるお宿が出迎えてくれます。

なんとこの平湯館は毎分1トンを越える湯量というから驚きですよね。

またお宿のロビーの窓からながめる庭園もとても印象的で、あたたかいお宿から紅葉を楽しむことができ、このお宿のおもてなしには感銘を受けます。

アルプスの恩恵を存分に受けたこのお宿は、宿泊するだけでも、紅葉を楽しむことができる家族連れには嬉しいものです。







 - おすすめ情報, スポーツ&アウトドア, ホテル, 観光地&テーマパーク , , , , , , , , , ,

  関連記事

家族でのんびり紅葉狩りをするのにおススメの景勝地 ~箕輪ダム(もみじ湖)~

長野県にある箕輪ダムにドライブへいってきました。 実はここは別名『もみじ湖』とい …

コバルトブルーの景色が圧巻!秋田の『抱返り渓谷』の旅!

秋田の『抱返り渓谷』に家族で遊びに行ってきました。 あまり名前を聞きなれないかも …

鎌倉時代にタイムスリップ!源氏ゆかりの修善寺周辺を散策しよう 

静岡県の修善寺(しゅぜんじ)は、のどかな竹林の風景が残る温泉街です。 まるで京都 …

京都駅から少し足を伸ばして宇治平等院鳳凰堂へ行こう!

京都旅行というとなんとなく京都駅の北側の方が観光地としてはメジャーな印象がありま …

軽井沢の名所「石の教会」。アクセス方法や見どころを紹介

長野県の軽井沢に石の教会とよばれているところがあります。 あまり聞きなれない方も …

藤子・F・不二雄ミュージアムの効率の良い楽しみ方【攻略法】

先日、念願の藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました!効率良く楽しむための攻 …

静岡県の浜松にある龍ヶ岩洞で二億五千年前の神秘を体感しよう!

静岡県の浜松にある龍ヶ岩洞(りゅうがしどう)は、東海地方随一の洞窟であり、この洞 …

ショーもビーチもあるから一日中楽しめる!鳥羽湾『いるか島』へ行こう!

三重の鳥羽湾にいるか島と呼ばれるその名前もかわいらしい島があります。 駅からすぐ …

~小倉城~小倉の街を一望できる展望台へ行こう!  

九州の小倉駅から歩いて15分ほどのところに『小倉城』があります。 とてもきれいな …

たくさんの歴史的名所がある鶴岡の町を歩こう!

山形県の鶴岡は歴史的名所がたくさん残されている場所であり、徒歩で散策できるコンパ …