kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

紅葉まっさかりのアルプスの麓にある温泉へ行こう!~奥飛騨温泉・平湯館~

   

紅葉のシーズンの温泉となると、混雑はつきものです。

また車か電車でアクセスするのか、お財布と相談しながら決めなければならない悩ましい問題があります。

今回家族で行先に選んだのは奥飛騨温泉の『平湯館』です。

紅葉まっさかりのシーズン、特別どこかに行かなくても宿から紅葉が楽しめるそんなお宿なのです。

奥飛騨温泉までのアクセスとは・・・・

東京からは車で約6時間かかりますが、ただ電車でいっても高山からバスに乗らなくてはならず車の方がベターでしょう。

またなんといってもドライブの醍醐味は、紅葉の景色を自分のペースでゆっくり楽しみながら奥飛騨温泉郷へのアクセスすることができることです。

アルプスが屏風のように囲んでいて、車窓から展開される赤、黄色、オレンジの色に時折車をとめて記念撮影をして、この旅をゆっくりと家族と楽しむのもいいものです。

奥飛騨温泉とは・・・

奥飛騨温泉郷は、穂高連峰、乗鞍岳、笠ヶ岳の名峰である北アルプスに囲まれています。

そしてここ北アルプスはたくさんの高山植物があり、それだからこそ一層美しい紅葉がみられるのだとか。

そしてこの北アルプスの麓に秘湯があり、全国から各地から多くの人が訪れています。

平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉地があり、今回チョイスをしたのは中でも風格のある平湯温泉です。

平湯温泉に到着!

平湯温泉は標高が約1,250mあるそうで、やはりとても寒いのですが、それとひきかえに新鮮な空気と色づいた紅葉が出迎えてくれるこの醍醐味はこの温泉ならではです。

山の方をふとみると紅葉の中にも靄がかかっていてとても幻想的な光景を造りだしています。

また紅葉のシーズンともなれば電車きている人には嬉しい、上高地までのバスもこの温泉地からでているので、実は紅葉の拠点としてもおススメの温泉地です。

そして平湯館へ・・・

今夜のお宿は平湯館です。実はここは奥飛騨温泉の中でももっとも古い温泉旅館として知られています。

大正12年創業で、なんといってもここの温泉は3つの自家源泉と共同源泉からあふれる“生粋源泉”かけ流しなので、小さな子供でも安心して入ることができるのです。

宿に到着して、真っ赤なもみじとともに趣のあるお宿が出迎えてくれます。

なんとこの平湯館は毎分1トンを越える湯量というから驚きですよね。

またお宿のロビーの窓からながめる庭園もとても印象的で、あたたかいお宿から紅葉を楽しむことができ、このお宿のおもてなしには感銘を受けます。

アルプスの恩恵を存分に受けたこのお宿は、宿泊するだけでも、紅葉を楽しむことができる家族連れには嬉しいものです。







 - おすすめ情報, スポーツ&アウトドア, ホテル, 観光地&テーマパーク , , , , , , , , , ,

  関連記事

~群馬県・名胡桃城址~その歴史を学んで、みなかみ町の景色を堪能しよう!

群馬県の猿ヶ京温泉近くに群馬県指定史跡である名胡桃城址があります。 少しマイナー …

プーケット旅行におすすめのホテル・サラタイリゾートホテルを満喫しよう!

タイのプーケットの中心、パトンビーチの中心に位置し、観光にとても便利でおすすめな …

感動!ダイナミック!ハワイ島の黒砂海岸にいるウミガメに会いに行こう!

ハワイ島のコナの地区から更に南下をしていくとハワイ島ならではの珍しい黒い砂の海岸 …

愛媛県の臥龍山荘
【愛媛県】大洲のクラシカルな名所「臥龍山荘」。不老庵からの絶景がおすすめ!

愛媛県の大洲には、大洲城の他に、もう一つ観光名所として知られている場所があり、そ …

【三内丸山遺跡】~歴史を見て、感じて、学ぶ旅に行こう!

青森県までのアクセスは、以前は八戸で乗り換えて、在来線でコトコトと旅をしていまし …

元旅行会社勤務が語る!飛行機 VS 新幹線、旅行ではどっちがおすすめ?

近年、飛行機と新幹線の価格競争が激化しており旅行を選択するときにも重要な要素とな …

日本の名湯『草津温泉』の『望雲』に泊まって来ました!

行き先は草津温泉と決めて、予約をしようとしたところやはり日本の名湯だけあってとて …

モト旅行会社勤務が語る!『口コミサイトの正しい使い方』

旅行会社に口コミを扱うサイトなどが増え、旅行を申込みをする際についその旅行会社の …

~小倉城~小倉の街を一望できる展望台へ行こう!  

九州の小倉駅から歩いて15分ほどのところに『小倉城』があります。 とてもきれいな …

広島旅行におすすめ!『三景園』に行ってきました!  

広島空港に到着し、出発までにまだ時間があり、時間がもてあましてしまったときにぜひ …