kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

日本の名園『兼六園』を満喫するために!銀世界とともに堪能する旅 

      2012/12/28

金沢へ旅行に行ったら是非足を運びたいのが金沢の兼六園。

たくさんの観光バスが立ち並び、公園の周りはたくさんのお店が軒をつらね、いつ訪れても変わらぬ賑わいを見せています。

今回は特別名勝の兼六園へ子供と旅をしてきました!

兼六園とは・・・

兼六園は、岡山の後楽園、水戸の偕楽園と共に「日本三名園」の一つ。

江戸時代の代表的な池泉大回遊式総合庭園で、加賀百万石の名園とされています。

春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪吊りなど四季折々の美しさは、訪れるものを魅了します。

現在、世界遺産登録を目指して「城下町金沢の文化遺産群と文化的景観 」を文化庁に提出しているのだとか。

これからもまだまだ地域に根付いて発展してくれそうな気配ですね。

緑と銀世界の美しい姿・・・

訪れたのはちょうど1月の真冬。子供たちも園内に入るとそのあたり一面に飛び込んでくる銀世界に目を丸くしています。

きれいに手入れされた芝生の上に粉雪のように舞っている雪に、子供たちも都会ではなかなか見られないその雪を握りしめて楽しんでいました。

多くの人達が訪れるだけあって、ちゃんと雪掻きがされていて、走り回る子供たちにも安心です。

「唐崎の松」

園内を入って少し歩くと、天にも届きそうなほど大きな松が見えてきました。

これは兼六園の見どころの一つである「唐崎の松」で、11月1日の雪吊りの作業を始め、冬の風物詩の一つとなっているのだとか。

それだけでも美しいのに加えて池にもそれが線対称に映し出されていて、それはどこか感動的で、感慨深いものがあるのです。

子供たちもはじめてみるその松を見上げ、物珍しそうにみていました!

きっとこの銀世界とともにとても印象深いものなったようです。

絶対みたい兼六園のシンボル!

2本脚の灯籠がとても印象的な徽軫灯籠(ことじとうろう)とよばれるものがみえてきます。

二股の脚は本来同じ長さだったのが、何かの原因で折れてしまったのだそうですが、石の上にバランスを保っています。

手前にかかる虹橋とモミジとこの灯籠との写真は写真スポットです。

よくパンフレットとかでみた写真に実際に足を運んで、家族で記念撮影にはまさにおススメのスポットです。

最後へ池の周りを一周して・・・

兼六園の中でももっとも大きな池で、中心部に位置する霞ヶ池。周辺には蓬莱島、内橋亭などの数々の名勝や銘石があります。

都会でみる池とは違って角度によっては澄んだグリーンにも見えてとてもきれい!

周囲の名勝と、木々、そして雪に囲まれて、日本のまさに原風景がここにあります。

子供たちもこの鏡のような池をずっと眺めていました。

日本の名園でみた銀世界は、家族にとって忘れられないよい思い出となりました!







 - 観光地&テーマパーク , , , , , ,

Message

  関連記事

無理なく回ろう!2歳児連れのディズニーランド攻略法

2歳児くらいの子どもを連れてディズニーランドを効率よく回る方法を紹介します。 子 …

家族旅行に最適!「シーサイドホテル美松大江亭」で過ごす別府温泉 

空港からアクセスのよさが抜群の別府温泉 大分の温泉といえば、別府温泉と湯布院温泉 …

ハワイ島のヒロにあるバニアンドライブへ行こう!

ハワイ島のヒロの町を訪れたらぜひ、足を運んでほしいドライブにお勧めの場所がありま …

自由が丘のラ・ヴィータ
La Vita(ラ・ヴィータ)東京の自由が丘で海外気分を味わうお散歩コース! 

東京の自由が丘は渋谷からも横浜からも東横線1本でアクセスができる街です。 お洒落 …

鎌倉へプチ旅行!子どもも楽しめるおススメ観光コース

東京から日帰りで行ける距離にある鎌倉は多くの外国人たちも訪れる観光地。 四季折々 …

家族旅行におススメ!バスで熱海の観光名所を巡る旅!

熱海の駅には主要な観光スポットを巡ってくれる観光バスが出ています。 それに乗れば …

琵琶湖のパワースポット!竹生島の見どころを紹介します

琵琶湖に浮かぶ『神の島』とよばれる場所があり、近年ちょっとした話題になっている島 …

紅葉を見に行こう!歩行者用の橋として本州一!竜神大吊橋へ行こう!

11月になると寒さも一層深まり、寒さとひきかえに紅葉のシーズンがやってきます。 …

愛媛県の臥龍山荘
【愛媛県】大洲のクラシカルな名所「臥龍山荘」。不老庵からの絶景がおすすめ!

愛媛県の大洲には、大洲城の他に、もう一つ観光名所として知られている場所があり、そ …

感動の散歩道!「福島県・五色沼」見どころ&泊まったホテルを紹介します

子供のころ家族で五色沼に行ったときの感動が忘れられなくて、今度は子供たちと行って …