kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

4月5月は採れ放題!横浜・海の公園に潮干狩りへ行こう

      2015/05/11

IMG_2612
潮干狩りの季節がやってきました。
我が家でも毎年の恒例行事です。
今年も横浜市金沢区にある”海の公園”に行ってきました。
人工の砂浜であるにもかかわらず、毎年アサリ等の貝が自然発生して驚く程の量がとれます。
今年もたくさん採って、春の味覚を楽しもう!

海の公園への行き方は?

IMG_2619
京急金沢八景駅からシーサイドラインに乗って向かいます。
海の公園の浜辺は金沢八景駅から1つめの”野島公園”から”八景島”まで続きます。潮干狩りには”海の公園柴口””海の公園南口”のいづれかで降りる人が多いです。
入場料は無料、交通費のみ。
シーサイドラインは無人電車。電車が到着して一定時間になると無条件でドアが閉まるので小さいお子さんがいる家族連れは注意。

土日の駐車場は大混雑が予想され、午前中には満車になる可能性が高いので
できれば電車で行くのがベストです。

潮干狩りに適した時間は?

IMG_2609
この日の干潮時刻はおよそ11時。
貝を採るのに最適な時刻は干潮時刻の前後2時間と言われています。
我が家の到着は遅めの11時45分。
砂浜はすっかり漁られていて遅れを採りました。
干潮時刻の確認はこちら
http://park.hama-midorinokyokai.or.jp/upload/umi-park/pdf/shiohigari/kantyo27.pdf

持っていくと便利アイテムとは?

IMG_2613
天気は晴れのち曇りのはずが途中から雨がぽつり。
次第に激しく降り始め、どんどん人がまばらになってきました。
こんなときやはりテントは便利です。
これさえあれば、子どもの着替えもすぐにできますし日焼け対策も万全。
浜辺は思っているより焼けます。
ワンタッチテントは3000円ぐらいで手に入りますし、電車で移動の家族でも持ち運び可能な大きさです。

砂抜き成功の秘訣は?

IMG_2623
採れたアサリはすぐ砂抜きです。
今日は我慢して明日から調理開始。
上手にやれば2,3時間でも砂抜き完了です。
コツは2つ。
1.塩分濃度を濃いめにすること
2.貝を重ならないように並べること
塩水3%の割合と言われていますが、それより濃いめをおすすめします。
吐いた砂や汚れを再び吸わないように、目の粗いざるに入れるとより良いでしょう。
塩分は薄すぎても濃すぎても貝が死んでしまいますので気をつけましょう。

酸欠気味な貝
IMG_2629

昨年と比べての感想は?

IMG_2616
今年はあまり思ったようには採れませんでした。ちなみに我が家は毎年ゴールデンウィーク前の4月の週末に出かけることにしています。
理由は日差しが苦手だということと、空いていて採れやすいからです。
ゴールデンウィークはアサリより人の頭を見に来ているかのようで身動きも取れないくらいの混雑ですから十分に気をつけてください。

今年は大潮だったのでその日を狙ってきた人が多かったのだと考えられます。
到着時刻が最大干潮より1時間程遅かったのも原因の1つでしょう。

昨年は中潮の日だったにも関わらず、掘れば掘る程取れて店が開ける程の大漁でした。(笑)
潮干狩りはあえて大潮の日ではなく中潮狙いで行く方が良いかもしれません。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 4月5月は採れ放題!横浜・海の公園に潮干狩りへ行こう
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 - おすすめ情報, 観光地&テーマパーク , , , ,

  関連記事

IMGP8168
~ザ・トレジャーガーデン館林~ 芝桜のピンクと青色の絨毯を見に行こう! 

群馬県にある『ザ・トレジャーガーデン館林』の芝桜は4月の半ばから下旬にかけてそれは美しい絶景を織り成しています。 それはまるでお花畑に迷いこんでしまったかのような感覚さえ芽生えるのが不思議なものです。 子供たちもどこか異 …

IMGP7777
京都が一望できる永観堂からその景色を楽しもう!

京都の紅葉名所は数知れずありますが、中でもひときわ有名なのが『永観堂』です。 ここは「モミジの永観堂」と称されるほどの紅葉の名所であり、正式名称は無量寿院禅林寺、浄土宗西山禅林寺派総本山といわれています。 関連記事 関東 …

IMGP1341
夏の風物詩「スイレン」と鎌倉のシンボル「鶴岡八幡宮」を見に行こう!

鎌倉の観光名所といえばやはり鶴岡八幡宮にあります。 鎌倉駅から、賑やかな小町通りを抜けて、歩くこと15分、鎌倉のシンボルでもある鶴岡八幡宮が見えてきます。 アクセスもしやすいことから、いつでも多くの観光客を見かけ鎌倉屈指 …

CIMG5021
静岡県の浜松にある龍ヶ岩洞で二億五千年前の神秘を体感しよう!

静岡県の浜松にある龍ヶ岩洞(りゅうがしどう)は、東海地方随一の洞窟であり、この洞窟の中を散策することができます。 今回は雨の日にも楽しむことができる龍ヶ岩洞についてご案内をしていきたいと思います。 関連記事 関東で穴場テ …

CIMG3176 - コピー
都会の喧騒を忘れて優雅に過ごそう! ~ザ・カハラ・ホテル&リゾート~

ワイキキの中心地から車で15分ほどダイヤモンドヘッド方へ行くと、「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」とよばれるホテルがみえてきます。 ワイキキの郊外にあるこのホテルはとても閑静な場所に位置しており、ホテルでのんびりしたい方に …

画像 030
至福の時間!桜のじゅうたんに包まれて~東京都・新宿御苑~

新宿から徒歩15分くらいで、新宿御苑に到着します。桜の季節ともなれば、日本人ならではのレジャーシートをひいて、昼間からお酒を飲んでお弁当を食べるというお花見はとても至福の時間。 春の暖かい風と時折吹くまだ少し肌寒い風が、 …

CIMG4492
リトルトウキョーもある!バンコクのシーロム通りを歩こう!

繁華街とビジネス街が交差する街、それがバンコクのシーロム通りです。 そして高層の建物が立ち並びタイの経済を担うエリアでもあります。 今回はバンコクのシーロム通り周辺地区についてご案内していきたいと思います。 関連記事 関 …

IMGP9550
海水浴も花火大会も楽しめる!夏は熱海温泉に行こう!

東京近郊の温泉地としておススメなのが静岡県にある熱海温泉です。 東京からも特急の踊り子号や、新幹線で約1時間でアクセスができ、駅からも温泉街や海水浴ができる海までも近いので、子連れでも安心して旅ができます。 そして駅から …

IMGP8563
~瑠璃光院~ツツジも見ごろ!京都の山間に佇む静かなお寺に行こう!

京都の瑠璃光院に行ってきました!あまり聞きなれないという方も多いかもしれませんが、そのマイナだからこそ静けさと落ち着きのあるお寺です。 京都駅から少し足を伸ばして山間に佇むこのお寺は、家族でのんびり散策するにはまさにおス …

CIMG2463
【根津美術館】子供も楽しめる美術館と今話題のパンケーキ屋さんに行ってきました! 

子供が小さいとなかなか美術館へはいけないものですよね。 でも大丈夫!美しい庭園があれば子連れでも安心ですよね。 ちょっとした公園に遊びにきたかのような気分になれる美術館が都会の中心地にあります。 今回は家族で『根津美術館 …