kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

4月5月は採れ放題!横浜・海の公園に潮干狩りへ行こう

      2015/05/11

IMG_2612
潮干狩りの季節がやってきました。
我が家でも毎年の恒例行事です。
今年も横浜市金沢区にある”海の公園”に行ってきました。
人工の砂浜であるにもかかわらず、毎年アサリ等の貝が自然発生して驚く程の量がとれます。
今年もたくさん採って、春の味覚を楽しもう!

海の公園への行き方は?

IMG_2619
京急金沢八景駅からシーサイドラインに乗って向かいます。
海の公園の浜辺は金沢八景駅から1つめの”野島公園”から”八景島”まで続きます。潮干狩りには”海の公園柴口””海の公園南口”のいづれかで降りる人が多いです。
入場料は無料、交通費のみ。
シーサイドラインは無人電車。電車が到着して一定時間になると無条件でドアが閉まるので小さいお子さんがいる家族連れは注意。

土日の駐車場は大混雑が予想され、午前中には満車になる可能性が高いので
できれば電車で行くのがベストです。

潮干狩りに適した時間は?

IMG_2609
この日の干潮時刻はおよそ11時。
貝を採るのに最適な時刻は干潮時刻の前後2時間と言われています。
我が家の到着は遅めの11時45分。
砂浜はすっかり漁られていて遅れを採りました。
干潮時刻の確認はこちら
http://park.hama-midorinokyokai.or.jp/upload/umi-park/pdf/shiohigari/kantyo27.pdf

持っていくと便利アイテムとは?

IMG_2613
天気は晴れのち曇りのはずが途中から雨がぽつり。
次第に激しく降り始め、どんどん人がまばらになってきました。
こんなときやはりテントは便利です。
これさえあれば、子どもの着替えもすぐにできますし日焼け対策も万全。
浜辺は思っているより焼けます。
ワンタッチテントは3000円ぐらいで手に入りますし、電車で移動の家族でも持ち運び可能な大きさです。

砂抜き成功の秘訣は?

IMG_2623
採れたアサリはすぐ砂抜きです。
今日は我慢して明日から調理開始。
上手にやれば2,3時間でも砂抜き完了です。
コツは2つ。
1.塩分濃度を濃いめにすること
2.貝を重ならないように並べること
塩水3%の割合と言われていますが、それより濃いめをおすすめします。
吐いた砂や汚れを再び吸わないように、目の粗いざるに入れるとより良いでしょう。
塩分は薄すぎても濃すぎても貝が死んでしまいますので気をつけましょう。

酸欠気味な貝
IMG_2629

昨年と比べての感想は?

IMG_2616
今年はあまり思ったようには採れませんでした。ちなみに我が家は毎年ゴールデンウィーク前の4月の週末に出かけることにしています。
理由は日差しが苦手だということと、空いていて採れやすいからです。
ゴールデンウィークはアサリより人の頭を見に来ているかのようで身動きも取れないくらいの混雑ですから十分に気をつけてください。

今年は大潮だったのでその日を狙ってきた人が多かったのだと考えられます。
到着時刻が最大干潮より1時間程遅かったのも原因の1つでしょう。

昨年は中潮の日だったにも関わらず、掘れば掘る程取れて店が開ける程の大漁でした。(笑)
潮干狩りはあえて大潮の日ではなく中潮狙いで行く方が良いかもしれません。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 4月5月は採れ放題!横浜・海の公園に潮干狩りへ行こう
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 - おすすめ情報, 観光地&テーマパーク , , , ,

  関連記事

IMGP0557
旅行会社勤務が語る!レンタカーを賢く借りる方法

旅行でもっともメジャーなオプショナルといえばレンタカーですよね! レンタカーといっても多種多様。 何が一番いいのかなかなか判断が付きにくかったりもします。 今回はレンタカーを賢く借りる方法についてご案内していきます。 関 …

CIMG2932
子供でも楽しめる!神楽坂にあるフルーツとイタリアンがコラボする新感覚レストラン

東京のJR飯田橋駅から神楽坂の方へ歩いていくと、斬新なお店もありながらも、レトロで高級感漂うお店もあり、そしてサラリーマンたちの酒場としての顔もあり、たくさんの個性がぎっしりと敷き詰められた魅力が神楽坂の魅力といえます。 …

CIMG5288
ホテル日航東京に宿泊して冬季限定のレインボー花火を楽しもう!

お台場ではクリスマスシーズンになるとそのイベントもたくさんあります。 今回はそんなお台場の花火やレインボーブリッジなど、クリスマス限定のイベントを家族で満喫してきましたよ! 関連記事 関東で穴場テーマパークを発見!油壺マ …

IMGP1814
ショーもビーチもあるから一日中楽しめる!鳥羽湾『いるか島』へ行こう!

三重の鳥羽湾にいるか島と呼ばれるその名前もかわいらしい島があります。 駅からすぐのところから船がでていること、子供たちも大好き!いるかに会えること、ロープウェイやビーチもあって、子供たちと一日遊ぶにはまさに最適な島なので …

IMGP1604
~新潟県・越後湯沢~ 東京から日帰りでも楽しめる家族でおススメのスキー場!

新潟県は東京からも日帰りでスキーを楽しむことができるほどに、たくさんのスキー場があります。 それだからこそ少し混雑もしやすいという難点もあります。 家族で今回は『石内丸山スキー場』へ遊びに行ってきました!非常に面積が広大 …

CIMG3605
カメカメハ大王の誕生地であるハワイ島のカパアウへ行こう!

ハワイ島にはカパアウとよばれる小さな町があります。 ここはかの有名なカメハメハ大王の誕生地として、その名前を知られており山の中にある町として知られています。 ハワイ島の自然豊かな町はぜひドライブのついでにも訪れたい場所で …

IMGP6076
宮崎のイースター島!?へ家族旅行に行こう!~サンメッセ日南~

宮崎県に『太陽と南洋』をモチーフにしてテーマパークがあります。 その名も『サンメッセ日南』で宮崎空港からは車で40分で到着します。 南国のような海岸線をずっとドライブするのもとても気持ちのよい旅になりましたよ! またここ …

IMGP5339
行く前に確認!『旭山動物園』の見どころは?攻略法

北海道の旭川といえばとても豪雪地帯で知られています。 都会でもそろそろ寒くなってきたと思ってきたころに訪れ、その寒さに驚愕してしまいましたが、旭川の有名な観光名所として知られている『旭山動物園』に足を伸ばしてみればそのか …

IMGP9550
海水浴も花火大会も楽しめる!夏は熱海温泉に行こう!

東京近郊の温泉地としておススメなのが静岡県にある熱海温泉です。 東京からも特急の踊り子号や、新幹線で約1時間でアクセスができ、駅からも温泉街や海水浴ができる海までも近いので、子連れでも安心して旅ができます。 そして駅から …

シーバス
子どもとシーバスに乗って横浜で遊ぼう!

横浜で子どもを連れて遊ぶなら、シーバスに乗ってみては!?子どもも大喜び、横浜おすすめスポット直行便です。 シーバスは横浜東口から出航している海のバス。横浜駅東口~みなとみらい~赤レンガ倉庫~山下公園を結んでおり、横浜なら …