kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

MRI検査を体験。当日の流れや検査の様子をレポートします。

   

MRI

人生初のMRI検査。閉所恐怖症でないにも関わらず、予想以上に困難を極めた当日の様子を時系列に沿ってお伝えします。

MRI検査前

いよいよMRI検査当日。

今回の検査は頸椎のみだったので所要時間は15分間前後とのこと。身につけているもののチェック(計3回!)が終わったら、すぐにストレッチャーのような台に仰向けで横になりました。

両耳にはヘッドフォンを装着。検査中の大きな音による負担を軽減するためです。

また、頭部には撮影に必要な磁場コイル(野球のキャッチャーが顔に装着しているような物)をつけました。

検査中に気分が悪くなったり継続できなくなったときには知らせるようにとのこと。手元に緊急用のブザーを1つ渡されました。

MRI検査開始時

MRIの内部に入る時、思わずやってしまいました。

「狭くて圧迫感があるから目は開けない方が良い」と何かで読んだにも関わらず、MRIの機材に入った直後、なんと目を開けてしまったのです。

怪我の処置や注射をするときにはいつでも絶対に見ない主義ですが、なぜかこの日に限っては興味本位から自分の公約を破ることに。MRIの中を見てしまいました。

中は本当に狭いんです!

非日常の空間に耐えられず軽いパニック状態。

「このまま出れなくなったらどうしよう、、、」

出られなくなるなどは決してないのですが、閉塞感がどうしようもなく不安を増長させるのです。不安が一気に押し寄せ、じっとしていられなくなりました。

MRI検査中

ブザーを何度押そうかと思ったことか。しかし、頑張ればわずか15分で終わります。

とにかく落ち着こうと深呼吸をし始めると、今度は頭上から聞きなれない痛々しい音が!

MRI中の音を工事現場から出るような音と表現する方もいるようですが、あの独特の音は生活音にはない異色な音。体に全くなじみません。

それでいて、物凄い大きな音ですからとても不快に感じます。

気をそらすためにはどうしたらいいのでしょう。

ヘッドフォンから流れてくるなんとも穏やかな音楽に必死に意識を向けるしか術はありません。

最初はなかなか難しく、気持ちを落ち着かせる場所が定まりませんでしたが、なんとか少しずつ慣れていきました。

とにかくここから早く出たい!

振り出しに戻ることに

一刻も早く終わらせたい一心で耐え忍ぶこと数分間。いきなり音楽が止まりました。

「もしかして、終わり?!」

と、思った瞬間、耳元のスピーカーからこんな声。

「動いてしまったので画像が撮れません。もう一回撮り直します。」

そうなのです。残念ながら、途中で動いてしまったようなのです。

どうやら検査の初めに冷静さを取り戻そうと深呼吸し続けていたことが裏目に出た模様。

最悪です。

せっかくここまで頑張りましたが、悲しくも最初からやり直しになってしまいました、、、

2度目の撮り直し

やっと意識をヘッドフォンに向けられるようになった矢先のこと。一瞬眠りに落ちそうになりました。これは耐えきれそうだぞと安心してきたその時です。

「動いてしまったので、最後残り4分間頑張ってください!」

と、またもや声が。

もう、なかなかゴールにたどり着けません。

撮り直し後は、そんなに動いた自覚はなかったのに、、、と思いましたが、ダメでした。

MRI検査は本当に微動だにしてはならない検査なんですね。

2回の撮り直しを経て、ようやくMRIを終えることができたときは本当に嬉しかったです。

MRI検査を終えて

今回MRIにかかった時間は35分間。2度の取り直しがあったので、時間も相当かかったのかと思いきや案外短かったのが以外でした。

また、平常心を保てなくなったにも関わらず、MRI検査をギブアップせずにいられたのは、あらかじめ所要時間が15分と聞いていたからで、仮に1時間だったとしたらおそらくブザーを鳴らしていたと思います。

無事にMRI検査は終えることができましたが、率直な感想は今は当分やりたくないのが正直なところです。

まさか閉所恐怖症でもない自分がMRI中に動悸が感じられるほど気分が悪くなるとは夢にも思いませんでしたし、ややトラウマになってしまった感のある今回の体験。

もう二度と受けたくないMRIですが、もし今後MRIを受けなくてはならないとしたら絶対気をつけたいことはもちろん、

MRIでベッドに横たわったら何があっても絶対に目を開けない

ということ。

病院での検査は、大半の人は平常心ではありません。これからMRIを受ける予定のある方は、想定外のことも視野に入れてつつ、気をつけて検査に臨んでくださいね!


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - MRI検査を体験。当日の流れや検査の様子をレポートします。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 - 健康 , ,

  関連記事

激しいかゆみ
強いかゆみ & 水ぶくれの原因はネコノミかも!?皮膚科で処方された塗り薬は?

強いかゆみと水泡出現で病院に行ったら「ネコノミ」と即判明。猫は飼っていないし刺されそうな場所にも出かけてない。一体どこで刺されたのでしょうか? 関連記事 紫外線対策のやりすぎに注意!15分の日光浴は「骨粗鬆症の予防」に効 …

MRI
MRI検査が怖い人に最適!?オープン型MRIの長所と短所とは?

オープン型MRIは救世主?!閉所恐怖症の方や狭いところが苦手な方には最適な検査方法と言えそうですが、安易に選んでいいのかどうか非常に迷うところです。 関連記事 紫外線対策のやりすぎに注意!15分の日光浴は「骨粗鬆症の予防 …

視力検査
【小学校】視力検査の正確性は?ひっかかったので眼科に行ってきました。

学校の視力検査の結果は、あてになるのでしょうか?再検査しに生まれて初めて眼科に行きました。 関連記事 紫外線対策のやりすぎに注意!15分の日光浴は「骨粗鬆症の予防」に効果的 強いかゆみ & 水ぶくれの原因はネコ …

虫歯の進行
C0ならまだ間に合う!虫歯対策 & 進行を抑えるためにすべきこと

歯科検診をしたらC0と言われて不安になったことはありませんか?この段階なら適切なケアで虫歯の進行を抑えられる可能性ありです! 関連記事 紫外線対策のやりすぎに注意!15分の日光浴は「骨粗鬆症の予防」に効果的 強いかゆみ …

快晴
紫外線対策のやりすぎに注意!15分の日光浴は「骨粗鬆症の予防」に効果的

紫外線は完全悪ではありません。健康を維持するには若いときから紫外線とうまくつきあうことが重要です。 関連記事 紫外線対策のやりすぎに注意!15分の日光浴は「骨粗鬆症の予防」に効果的 強いかゆみ & 水ぶくれの原 …

手のひらの痛み
手の痺れや痛みに注意!頸椎椎間板ヘルニアの可能性も

まさか、頸椎椎間板ヘルニアだったとは。病名が判明するまでの流れ、症状、治療方法などを時系列に沿ってまとめています。 関連記事 紫外線対策のやりすぎに注意!15分の日光浴は「骨粗鬆症の予防」に効果的 強いかゆみ &#03 …

矯正器具
リスクも伴う子供の歯科矯正。いつから始めるべきか悩みます。

小学校低学年あたりから始める子供の歯列矯正。本格的な矯正治療の前段階とも言われている第1期治療への関心は年々高まる一方です。親の気持ちが先行しがちな歯列矯正ですが、、、 関連記事 紫外線対策のやりすぎに注意!15分の日光 …