kazoku time

日常にスパイスを!ライフハック、いろんなレビューなどを扱ってます

リスクも伴う子供の歯科矯正。いつから始めるべきか悩みます。

   

歯医者小学校低学年あたりから始める子供の歯列矯正。本格的な矯正治療の前段階とも言われている第1期治療への関心は年々高まる一方です。親の気持ちが先行しがちな歯列矯正ですが、、、

第1期歯列治療を考えるきっかけ

10才娘の顎は小さくスペース不足。永久歯がきつそうに並んでいます。すでに下の歯並びはガタガタしていて歯磨きも難しく仕上げハブラシは欠かせません。

「将来的には矯正治療だね」と、親の中では度々話題に出ていた歯列矯正。

しかし、娘の同学年の中ではすでに第1期治療を始めている友達が何人もいたのです。

これはぼんやり考えている場合ではないと思い、娘の矯正に関する方向性を決めようと真剣に考え始めました。

子どもの事情はさまざま

娘の周りでは2年生ぐらいから治療を始めた子が多かったです。

歯並び事情や顔の骨格などから第1期治療にとりかかる理由は様々。

受け口を直したい」「前歯の向きを整えたい」「顎が完成される前に適切位置に歯を動かしたい

などと色々な悩みを解決するために治療へと踏み切ったそうです。

夜にはヘッドギアをつけたまま寝なくてはならないお子さんもいるようで、これにはさすがに驚きました。

かかりつけ歯科医に相談

家族で10年以上お世話になっているかかりつけ医に娘の矯正について相談しに行きました。

今までは、漠然と「お姉さんになったら矯正が必要だね。」

ぐらいにしか話は出ていなかったので、今回は娘の矯正治療の道筋を決める第一歩です。

家族の口内環境を熟知している先生ですが、はたしてどんな答えだったのでしょうか。

かかりつけ医の答えはNo。

我が家のかかりつけ医は先を見越した治療をします。歯を残すことに執念を燃やしているので、やたらに歯を削ったり抜くことは絶対にしません。だから、私たちはとてもかかりつけの先生を信頼しています。

注目の先生の考えは、今やらなくてもいいのではないかというものでした。

理由は、

・経済的負担が大きい。

・矯正期間が伸び虫歯になりやすい。

・抜歯の可能性は捨てきれない。

・矯正は親の意向。

先生の矯正に関する考え方の基本は、本人の意志がなによりも大切ということ。

歯列矯正は歯のお手入ればかりではなく、精神的負担が思っている以上に大きいということを強調されていました。

見た目を気にするようになる高校生ぐらいの時期、矯正に興味を持ったそのときが矯正の始めどき。

総合的に考えるならば、矯正治療は高校生の時期をおすすめするということでした。

結論

結局、我が家では娘に第1期治療はしないことに決めました。

決め手は、先生の「本人の意志」という考え方。

先生に大賛成した親たちですが、実は親共々矯正治療経験者。将来を案じて親が始めてくれた矯正治療を止めてしまった親不孝者ですが、それくらい矯正治療はこどもにとってデリケートな問題ということを再認識した機会でした。

この経緯から、

「本人の意志のないところに矯正治療は成功せず!」

が私たちが考え抜いた結論です。

 

当の本人はというと、「高校生から矯正する!」と今から張り切っております。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - リスクも伴う子供の歯科矯正。いつから始めるべきか悩みます。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 - 健康 , ,

  関連記事

MRI
MRI検査を体験。当日の流れや検査の様子をレポートします。

人生初のMRI検査。閉所恐怖症でないにも関わらず、予想以上に困難を極めた当日の様子を時系列に沿ってお伝えします。 関連記事 MRI検査を体験。当日の流れや検査の様子をレポートします。